ガス料金 見直し

契約しているガス会社は適正料金

一般家庭で使われているガスは、プロパンガスはと都市ガスの2つのいづれかです。

 

 

都市ガスは整備された環境の地域だけしか普及されていません。

 

今後はどんどんと各地に普及して都市ガスに切り替わっていくことが予想されます。

 

 

プロパン

料金もLPガスの全国平均価格より、約1000円安いとも言われています。

 

「都市ガスっていいな!」と思うかもしれませんが、ガス器具も都市ガス専用に買い直す必要もあり、喜んで都市ガスに切り替えた人ばかりではないのです(@ ̄□ ̄@;)!!

 

しかし、まだまだ多くの地域では今でもプロパンガスを使用しています。

 

 

私もその地域の住人です(^◇^)

 

 

都市ガスの地域でも、ガスの使用量が多い飲食店のような場所では、都市ガスよりも熱量が高いLPガスを好んで使うこともできます。

 

そのように、LPガスの需要は未だ健在ということです。

 

 

だから、国自体もプロパンガス料金の自由化を認めており、多数あるガス会社によって料金には大きな開きがあります。

 

そんなことを知らなかったから、今まで使ってきたからと言う理由だけでガス会社をそのまま継続してきたのです。

 

 

 

それが損を大きくしていたのです!

 

だって、ガス料金なんてそんなに大きく変わらないと思っていたから本当に後悔しています。

 

 

ずっと適正料金だと思って使ってきたから、損をしていたなんて思っても見なかったからです。

 

 

こちらのサイトであなたの地域に対応している最安値のガス料金がわかります。
>>プロパンガス料金をどこよりも安く!【ガス屋の窓口】

 

 

隣の家も反対の家でも、契約しているガス会社が違うことは知っていました。

 

プロパンを見ればどこのガス会社と契約しているのか一目でわかりますからね。

 

 

いずれは全国区で都市ガスの導入が始まり、順次都市ガスに切り替わるようになりますが、都市ガスでも自由化が始まってガス会社を選べるようになりますよ。

 

 

 

冬になるとガスの使用量が増える

 

私の家族4人は帰宅時間がバラバラで、冬になるとどうしてもお風呂の沸かし直しが原因でガス料金が高くなります。

 

節約

今までは、ぬるいお風呂では1日の疲れが取れないと思っても我慢してまで沸かし直しを我慢して節約してきました。

 

しかし、最後に帰ってくる旦那が入る時間には、やっぱり沸かし直さなければ冷たくて入ることができません。

 

仕方なく、1日に1度は沸かし直す必要があるのでガス料金を考えるだけでネックでした。

 

それも、今年からは何度も沸かし直しても昨年まで支払っていたガス料金ほど高くないのです。

 

ガス会社を変更しただけで、これほど料金が変わってくるとは思ってもみませんでした。

 

今までのガス料金は高かったと今となってわかるだけで、安いガス会社を知らなければ当たり前のように支払い続けていたでしょうね!

 

 

節約することを考える前に

 

喜び

エコ意識からも光熱費を抑える努力をこれまでにしてきましたが、ガス料金が高かったことで今よりも意識して使用量を抑えてきました。

 

それでも、月に何百円程度安くなった程度だったと思います。

 

 

しかし、今まで利用してきたガス会社から変更したことでいつもと変わらない生活をしてガス代だけで、月に2,000円〜3,000円の請求額が安くなったことが一番大きな節約ですね!

 

 

我が家では会社員の旦那とパ−トの私では毎月入ってくるお金が決まっています。

 

このようにガス会社を見直すことで支出を抑えることができるって素晴らしいですよ。

 



 

 

 

オール電化でもプロパンガスを導入できる

 

発電

世間ではオール電化が普及していますが、IH調理器具の評判は賛否両論です。

 

オール電化とは、ガスをなくして電気だけで生活することでガス料金が不要となって節約ができるメリットがあります。

 

しかし、料理に関しては「ガスで焼いたとき独特の香ばしさが良かった」などと後悔する人も少なくないみたいですね?

 

そこで、プロパンガスを導入する家庭もあるようです。

 

 

オール電化を導入する前に検討したいのが、ガスから電気を作るエネファーム。

 

オール電化は電力だけで生活しますが、エネファームは電力を買うことなくガスから電気を発電させたり 料理やお風呂もガスで熱を起こします。

 

この時に安いガス会社を選べば光熱費を抑えることもできるようになるのです。